スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  Posted by スポンサードリンク
- : - : -

<< 新しい切り口。 | CABAL Onlone >>

久々更新。

ネネとかカタが煩いんで更新。

分冊文庫版魍魎の匣をようやくげっと。
3週間かけて読破して、すでに3回読んだ。
凄い話だった。これだから京極は期待して間違いが無いんだな。
今は狂骨の夢の中巻。
導入部だけで1冊340頁を使う凄まじいヴォリューム。
分冊文庫版で活字の組み方が変わってるはずだからなんとも言えないけど、単純計算で通常文庫版では1000頁を超える。
さすがに1000頁の本は持ち歩くのは辛いな。
通常文庫が1500円くらいに対して分冊文庫が3冊で2100円くらいなんで割高だけどまぁそれくらいは仕方ないやね。

んで知人から電撃文庫の「神栖麗奈は此処にいる」と言う本を薦められて借りて読んでみた。
これはひどい。と言うのが率直な感想。
まぁ電撃文庫みたいな娯楽小説では仕方の無いことかもしれないけれど、まず内容が薄い。
謎が多く、謎を謎のままにすると言う手法ももちろんあるが、この小説では謎についての説明が多くされている。
しかしその説明にも論理的裏打ちが無く、説得力と言うものが無い。説明量にも関わらず説明不足が目立つ。
登場人物は総じて短絡的で深慮することをしない。
まぁ、こうゆうのもアリかなって感じだな。
多分この作家の本はもう読まないと思う。

CABALの話?知らん知らん。

22:41  Posted by 空白
読み物。 : comments(1) : -

スポンサーサイト

22:41  Posted by スポンサードリンク
- : - : -

COMMENTS

posted by マヴェ  at 2006/12/20 12:34 PM
CABALの話してくれよwww

COMMENT FORM