スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  Posted by スポンサードリンク
- : - : -

<< 八百長断言。 | 戦争と原爆と国防に想いを致す旅。-平和記念資料館- >>

戦争と原爆と国防に想いを致す旅。-平和記念公園-

 実を言うと評者は日本国内に於いて、神戸を越えて西は住んだことも訪れたことも無い。当然広島へも行ったことが無く原爆ドームもこの目で見た経験が無い。
 平成19年6月の久間防衛大臣(当時)の原子力爆弾使用に関する認識を述べた発言に対し一部肯定的な意見の擁護派であり、また日本の核武装を含めた議論を肯定した中川昭一自民党議員の発言に対しては全面的に賛成であり、日本の核武装に関しては法律上も世論もそれを許さず、また日本は過去唯一の核被害国であることから否定的で、しかしながらいつでも核武装可能な技術の蓄積はしておくべきと考え、場合によっては核武装もありうると言う立場を採っている評者であるが、それらの考えについて思想の裏打ちを得る目的、或いは思想を修正する目的での広島、平和記念公園、平和記念資料館の訪問を決意し7月下旬から休暇を申請、この程ようやくそれが実現したと言う次第だ。



 まず真っ先に訪れたのが原爆ドーム(広島県産業奨励館跡)だった。広島県産業奨励館は爆心地から北西およそ160mに位置し、ウラン型原子爆弾「リトルボーイ」の本来の投下目標地点であった相生橋の南およそ50mにある。「リトルボーイ」は上空約600mで炸裂し超音速の爆風と地表温度4000度の熱線、致死量を優に上回る放射線を撒き散らした。そのほぼ直下にあった広島県産業奨励館が、広島県産業奨励館とその他いくつかの建物しか残らなかったにも関わらずこれほどまでに原型を留めたのか等いくつかの理解出来ない点があった。この疑問はこの後に訪れた平和記念資料館で解消されることになる。

 その後平和記念資料館を目指し、園内を南下した。途中、平和の時計塔、平和の鐘、平和の泉、原爆の子の像、平和の灯、平和の池、原爆死没者慰霊碑等主要なモニュメントを見ていった。中でも理解出来なかったのは原爆死没者慰霊碑の、「安らかに眠って下さい過ちは繰返しませぬから」と言う碑文だった。「過ち」が原子爆弾の使用を意味するのは明らかだが実際に原子爆弾を使用したのは米国でありアメリカ人だ。我々日本人はその「過ち」を犯しておらず、我々日本人がその「過ち」を繰り返さないことを誓うのは筋が通らず、また我々日本人が誓ったところで米国の再度の核兵器の使用を制限する実行力は無く、「過ち」を繰り返さない必要があるのは米国であるためやはり筋が違う。こちらの疑問に関してもやはり平和記念資料館で解消されることとなるが、疑問が解消された後は自らの無知を恥じるばかりだと気づくことになった。


 平和記念公園内のモニュメント等を見る限りに於いて、それらは総じて(原爆ドーム以外)思想的、理想論的、或いは希望的観測的であるという印象が拭えず、思想や認識を深める情報にはならなかったと言うのが正直なところだ。元々評者は世界の平和を願っていれば日本と世界に平和が訪れると言う考え方に与しない立場であるから、平和を願うモニュメントにはそもそも心動かされる素地が無いのだ。


 しかしながら平和記念公園を中心としたこの地域は正に、世界で始めて使用された核兵器の被害地であり、そのことに想いを致しながら歩けば感慨とも絶望ともつかない心落ち着かなさは、さすがの評者も感じずにはいられなかった。

03:41  Posted by 空白
社会・歴史。 : comments(4) : -

スポンサーサイト

03:41  Posted by スポンサードリンク
- : - : -

COMMENTS

posted by   at 2007/10/22 9:51 AM
空白さん本でも書いてみたらどうなんでしょう
posted by 空白  at 2007/10/24 5:25 AM
無茶言いなや。
posted by 広島育ちのDjango  at 2007/11/02 9:52 PM
同和教育関連も回ってきたら良かったんじゃね?と思った。

君が代関連で色々とか広島の同和っぷりは異常
posted by 空白  at 2007/11/05 3:51 AM
また論評しにくいところから話を持ってくるなぁ。
ユダヤと同和はひとまず勘弁してください。><

COMMENT FORM