スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  Posted by スポンサードリンク
- : - : -

<< 続・嗚呼民主党。 | 米大統領選。 >>

靖国参拝。

 去る八月十五日、実は人生で最初の靖国参拝をさせていただいた。毎年の恒例として、現在無所属であり、保守派政治家を代表する衆議院議員、西村眞悟先生が有志を募り昇殿参拝をさせていただいている集まりに私も参加したものである。

 さて、今回の参拝のエピソードをひとつだけ紹介しておこう。


 当日の気温が何度であったかは知らないが、どうやらこの夏一番の暑さであったようだ。過去にあるトラウマを持つ私はスーツで参加させていただいたのだが、政治家である西村先生と、西村先生の事務所の関係者の方以外でスーツだったのは4,5人ほどで、そのうちでネクタイまで締めていた者は私だけだった。うだるような暑さの中、私は心裡で、死ぬほど暑い、暑くて死んでしまう、とぼやいたものだった。


 受け付けが終了し本殿へ向けて移動を開始する際と、昇殿参拝者の待合所で案内を待っている際、西村先生は参加者に対してこのような話をした。

「英霊を忘れて我が国の再興はありえない。祖国日本を再興するために伴に英霊に参拝しようではありませんか」

「本日は大変暑い中集まっていただきました。しかし英霊の方々の中には遥か南方で亡くなられた方もおられます。その方々の感じておられた灼熱は如何ばかりか」


 確かに、特に、南方で亡くなられた英霊の方々が中にあった灼熱と比ぶれば、私の感じた暑さなど暑さの内に入らないのだろう。
 63年前のこの日は、今日と同じかそれ以上に暑かったかもしれない。その中で日本国民は玉音のラジオ放送を聞き理解した時、日本中が地に伏し項垂れた。それと比ぶれば、今に迎えるこの日のなんと能天気であることか。


 私は、あの程度の暑さで音を上げたくなる自分や、お祭り気分で英霊に参加する私を含む現在の日本人の能天気さに対し、恥じ入る思いと共に、こうして能天気でいることが出来る、それがたとえ仮初めのものであったとしても、現在の我が国の平和と平穏に対して、感謝した。

23:54  Posted by 空白
社会・歴史。 : comments(0) : -

スポンサーサイト

23:54  Posted by スポンサードリンク
- : - : -

COMMENTS

COMMENT FORM