スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  Posted by スポンサードリンク
- : - : -

リアルマネートレードは何故いけないか。

 このブログを閲覧する人にとっては周知のことだが、ネット社会の文化の一つにMMORPGと言うものがある。MMORPGの定義は各自調べてもらえば良いが、少なくとも不特定多数が一つのゲームに参加する以上、そこに競争原理が働くことは自明だ。
 勿論この競争原理はコンシューマゲームについても適用されることで、例えば早解きややり込み、低レベルクリア、それらの組み合わせ等で他者と競い合うことが散見される。これが一つのゲームについて同じ環境で同時にプレイするとなれば、その競争原理は尚直截的に働くことになる。
 他者より強く、他者より早く、他者より裕福に、とその多くは他者より優位に立つことが目的となる。それらには、ゲームに費やす時間、金銭、共にプレイする仲間、運、ゲームプレイ上のテクニック等、様々な要素があるわけだが、他者に対する優位性を一足飛びに実現するのが、取り分けゲーム内での金銭的優位のために使用されるシステムが、リアルマネートレード買い(以下RMT買い)である。

 さて、RMTとは主にゲーム内通貨やゲーム内アイテムを金銭で取引するシステムなのはご存知の通りだが、それが何故いけないのだろうか。多くの運営会社はRMTを禁止しているが、それを取り締まる法律は無いし、RMTと言うシステムが厳然としてある事実に対して規約の存在は無関係なのでここでは言及しない。
 RMTによってゲーム内通貨を販売する業者にとって必要なのはゲーム内通貨の確保であるが、その多くはプレイヤーのRMT売りによるゲーム内通貨の集積となる。
 中には、例えば長くプレイしてきたプレイヤーがMMORPGを辞めるのを期にRMT業者に売るというケースもあるだろうが、実際の多くはRMTそのものを目的とするケースだ。そしてそのRMTを目的とするケースの多数を自動プレイプログラム、通称BOTを使用するユーザーが占める。BOTツールの使用は規約で禁じられている場合がほとんどであるが、この点に関しては前述と同様に言及しない。また、BOTツールの使用によって、ゲーム内の特定のMAPがBOTキャラによって占領され、BOTツールを使用しないプレイヤーが締め出される、或いはBOTツールの使用によって特定のアイテムの産出量が通常ではありえない量になりゲームバランスが崩れる等の問題も発生するが、これらの点も実はどうでも良い。理由は社会的影響が非常に小さい、或いは皆無だからだ。勿論、MAPを占拠するBOTキャラに苛立ち、犯罪行為に走る馬鹿の存在が社会的影響と言えるかもしれないが、それはその馬鹿がとんでもない馬鹿であることに起因する問題だし、馬鹿が発生する根本原因はMMOの中毒性やインターネットのコンテンツに対するリテラシー教育の不足等であって、BOTキャラの存在がそもそもの原因ではありえない。

 さて、これまでの記述から、RMTとBOTの関係は理解出来たことと思う。ではいよいよRMTが何故いけないのかと言う本題に入ろう。
 RMTと言うシステムが存在することは問題の本質ではない。BOTと言う不正ツールを使用することも違う。では何が問題の本質か。それはRMT売り業者の多くが中国人であることだ。中国人が大量のBOTキャラを放流し、或いはマンパワーによって大量のゲーム内通貨を産出しRMT業者に売却する。そしてそれを日本人ユーザーが購入することによって日本の国内資本が無秩序に、そしてよりによって中国に流出することになる。中国人は元に比べて価値の高い円と、日本人から搾取したと言う満足感を得る。日本人は苦無くゲーム内通貨を得て、国内資本を失う。

 不景気とはどうゆうことを言うのかお分かりだろうか。不景気とはつまり資本の流れが滞っている状態のことを言う。資本の流れが滞る原因は様々あるが、少なくとも資本の絶対量が減れば流れが滞るのは自明である。使える金が少ないならば使う金の量が減ることが理解出来ない人はいないだろう。つまりゲームをより楽にプレイしようとする日本人が日本の不景気を助長していると言うことだ。

 RMT売り業者、RMT仲介業者らが日本人のシンジケートならばまだ良い。しかし、殊更RMT売り業者は中国人が多数を占めるのが現実だ。そうした現実をきちんと見つめることが出来れば規約云々を排してもRMTを利用することを避けられるだろう。

 が、それをMMORPGのユーザーに言っても詮無いことなのかもしれない。

20:00  Posted by 空白
社会・歴史。 : comments(0) : -

戦争と原爆と国防に想いを致す旅。-広島-

 評者は10月20日、一泊二日での広島旅行を終了した。こなした旅程は以下の通り。

平和記念公園散策及び平和記念資料館観覧。
現役海上自衛隊1等海尉との会談
・旧海軍兵学校、現第一術科学校及び幹部候補生学校見学。
・海上自衛隊呉史料館(てつのくじら館)見学。
・大和ミュージアム観覧。


 どの施設も思想的、知識的に非常に有意義で、今回の旅程自体も非常に有意義なものとなって満足している。

23:19  Posted by 空白
社会・歴史。 : comments(0) : -

戦争と原爆と国防に想いを致す旅。-海上自衛隊1等海尉との会談-

 今回の旅で運が良かったのは、現役海上自衛隊1等海尉である兄と会う都合がついたことだった。兄は10月15日から19日までの間陸上訓練に出ており、評者の取れた休暇が15日から20日。21日には戻らねばならず、会うことはほぼ絶望的と考えていただけに本当に幸運であった。兄には現役自衛官としての様々な事柄についての認識を尋ねた。

・小沢一郎の主張するISAF参加の是非。
 自衛隊とは命令が無ければ何も出来ない組織であり、また命令があれば何でもやる組織である。そのため、ISAF参加の命令があればそれを拒否する立場に無い。と言うのが基本的なスタンスだった。是非も無いとはこのことである。
 また自衛隊法では、自己防衛のための反撃について細かく分類され、どのような状況で発砲が可能であるかが規定されているそうだ。これはある程度の予測で可能になるものであるらしい。
 一例を挙げると、相手が武装している状態では発砲は不可能で、武装して襲撃してきたら発砲は可能。また、相手が武器を構えて向かってきた時点で攻撃・襲撃と判断し発砲が可能になる、と言った具合だ。
 少なくともこうした反撃権については認めてもらわなければ困る、と言う認識も持っていた。
 しかしながら、過去のPKO参加について話題が及ぶと、武器を持っていれば狙われると言うが、持っていなければ狙われないと言うものでもなく、またぶっ放せば身を守れることが保証されるものでも無い、と現場レベルでの率直で冷静な見解もあった。


・北方領土、竹島、尖閣列島について。
 当然、やれと言われればその命令に従い、実力で排除する。内閣総理大臣の命令があれば、その覚悟はあるようだ。
 しかし、政府の対応については、「日本は北方領土も竹島も尖閣列島もくれてやるつもりだ」と極めて冷淡である。今までの日本政府の対応を見ればそう認識するのもむべなるかなと言ったところであろう。

・佐藤正久元自衛官の駆けつけ警護発言について。
 美談なのは間違いないが、自衛官の立場では言ってはいけないこととの認識。退官後の発言なので微妙なところ。
 また、自分がその立場だとしても同じ考えだろうとの見解も示した。


 他にも様々話したのだが、ひとまず割愛させていただく。

 総評として、自衛官に対する敬意は増したと言える。彼らは、「国を守る」と言う情熱も勿論あるのだろうが、その前に命令に従うことが前提となっている。命令があれば死ぬ可能性が極めて高い地域にも行く覚悟がある。それを拒否する意思があるのならば、国民一人一人の持つ投票権を行使して意思を表明するのみだ。
 また、洋上給油活動についてだが、同盟とはある程度曖昧にならざるを得ない部分があり、国益に資するものであるならばそれらを包括的にある程度容認する形で行えば良いと考えていたが、その考えは変化した。
 日本国憲法には最高の国権の発動である軍隊の運用について規定が無く、それに代わって自衛隊法とそれで対応出来ない部分については各特措法で自衛隊を運用しているのが現状だ。その法律を破ることを前提とした立法は今後の自衛隊の運用や自衛隊を軍隊として認知する可能性を考える上であまりに慎重さに欠けるものであり、自衛隊を縛る規則が法律しか無いのであればその法律は厳密に守られなければならない。
 そのため11月1日で期限の切れるテロ特措法のままでは現状のオペレーションに対して厳密に法律を守ることが出来ないため、評者は法改正が必要と言う立場に代わることとなった。


 最大の問題は現日本国憲法に自衛隊の運用に対する規定が無いことであり、憲法改正の必要性は更に強く感じるものである。

05:57  Posted by 空白
社会・歴史。 : comments(0) : -